会社案内

代表挨拶

私たちは、82年前より福島市で「住まい」の仕事に携わって参りました。

2001年には、「福島に住む住環境を良くしたいと願う皆様」のお力になれるよう住宅リフォーム専門店として出発。

そして2014年5月、これまでの住宅リフォーム工事業に加え不動産事業を新たに立ち上げました。

私たちが不動産事業を立ち上げたのには理由があります。

ここ数年、中古住宅を購入した後で、その住宅のリフォーム工事のご依頼をくださるお客様が多くなりました。

その際に「間取りを変更したいな」「和室を洋間に変更したいわ」「水まわりをリニューアルしたいな」「シロアリは大丈夫かしら?」など、たくさんのご要望や疑問を伺いました。
しかし、お客様のご希望に沿ったリフォーム工事が出来ない中古住宅が少なからずありました。
少なくない金額で購入した中古住宅が、お客様の思い描いていた通りの住まいにならないことがあるのです。非常に残念なことです。
そこで、私たちがお客様のお役に立つにはどうしたらいいか考えました。

建築に携わる私たちが中古住宅選びの段階から皆様と一緒に現地に同行し、物件の資料だけではわからない建物の現状や不安について、アドバイスをさせていただいたらどうでしょう。

中古住宅購入の前に、建物の状況説明や、問題点の把握、そしてお客様がご希望されるリフォームについてのアドバイスが必要なのではないのでしょうか?


必要なリフォーム工事やその費用を購入前に把握しておくことで、資金計画が立てやすくなり、お客様の夢のマイホームもぐんと近くなります。

中古住宅をお探しのお客様に対して、売買契約にとどまらず、物件の調査説明、リフォームプランとその費用、数年後に必要となるメンテナンスまで、一貫してアドバイスさせていただきます。


住宅リフォーム工事業と不動産事業の二本柱で「住まい」に取り組んでいくことにより、 「お客様の住まい」の総合窓口となるような、末永くお付き合いいただける不動産会社を目指します。

お気軽にお問合せ下さいませ。

住まい工房やまぎし株式会社

代表取締役

山岸裕幸

代表自己紹介

代表取締役 (平成21年より)
山岸 裕幸
(やまぎし ひろゆき)

生年月日

昭和38年1月31日 卯年 水瓶座

出身地

福島市陣場町

住まい

福島市野田町
妻と息子2人の4人暮らし

学歴

第四小、第四中学校、福島高校、
山形大学工学部卒

職歴

(株)長府ボイラ設計課 4年間勤務
26歳より家業を継ぐ

子供の頃の夢

エンジニア(技術者)になり、何かすごいものを発明したかった。この「エンジニア」という言葉に憧れました。

近未来の夢

2015年中に、バンジージャンプをする。2025年までに飛行機操縦ライセンスを取得する。

趣味

読書。(2014年のベストは、出光興産の出光佐三社長の自伝「海賊とよばれた男」。もう一つはオートバイでのドライブ。

座右の銘

人生二度なし
(教育学者 森信三)

好きなことば

他人と過去は変えられない。
自分と未来は変えられる。(心理学者 エリック・バーン)

所有資格

二級建築士、宅地建物取引士、マンションリフォームマネージャー、キッチンスペシャリスト、二級管工事施工管理士、給水装置主任技術者、浄化槽設備士、ガス消費機器設置工事監督者、二級福祉住環境コーディネーター

会社のこだわり

「55歳からの元気で長生きリフォーム」というキャッチフレースの通り、震災以来、福島で住まいの皆様はこの地を終の住処としてお考えの方がほとんどです。福島で最期まで元気で長生きするための、住まいのお手伝いをさせていただくことを使命と考えます。平成26年に中古住宅を扱うために不動産部を立ち上げたのもそのためです。
近々、お家の取引からリフォーム工事、修理アフター、そしてまたお家の相続取引までを一貫してサービスできる会社を目指します。

会社に思うこと

物心ついたときは自宅の横で祖父が鉄工所を営んでいました。80年超の社歴の中で、時代とともに変化していく事業内容に面白みを感じています。また社員をはじめいろんな人との出逢いや別れがあり、人生そのものと感じています。自分の人生に前向きな社員が多いことに、私自身やる気が湧いてきます。

経営について

我が社に関わる全ての人(お客様、社員、協力会社、地域の方など)が永遠に幸せになること、を目指します。そのためには、倒産しないこと。お客様から支持される事業をすること。世の中の役にたつ事業をすること。

社員への指導方針

自身に人間力をつけること。奉仕の精神で対応すること。プロフェッショナルであること。法令遵守の4つ。